読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他の店舗よりも安いハンコの価格を実現しているとのことでした。

優理愛です、最高裁の判断を参考に政府は 同一労働同一賃金ガイドラインの補強を検討する。
ただ判決がどうあれ、はっきりしているのは、定年後の雇用のあり方が問い直され始めたということだ。
国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、総人口に占める60歳以上の比率は2015年の33%から30年に38%、40年に43%へと高まる。
労働力不足を補い、社会保障制度を支えるためにも、定年以降も働き続けることは重要になる。
だが、定年到達者の8割が選ぶ再雇用は、待遇が必ずしも芳しくない。
労働政策研究・研修機構の15年の調査では4人に1人は定年直後に賃金が41~50%下がっている。
処遇について仕事の責任の重さがわずかに変わった程度なのに、賃金が下がりすぎだと答えた人は、複数回答で全体の17%。
貢献度が下が ったわけではないのに賃金が下がるのはおかしいという人は21%いた。
不満を抱えながら働けば生産性が上がりにくい。
長沢運輸の訴訟で東京高裁は、定年後に職務内容が変わらないまま賃金を下げることは広く行われているとしたが、この現状を放置していいのかという問題がある。
シニア社員のモチベーションをいかに高めるかは企業の課題だ。
60代前半の再雇用者について、人事評価を賃金に反映させている企業は15%にとどまる。
成果主義を広げる余地は大きい。
やりがいはお金だけではない。
大和ハウス工業は定年年齢を65歳に引き上げ、シニア社員の年収の減少を緩やかにしたが、重視したのは彼らの活躍の場を設けることだった。
本社の安全管理部門で後進の指導に特化する人には シニアメンター、支店で銀行や税理士などとのパイプ役になる人には営業推進のシニアエキスパートの呼称を用意した。
次に、こんな話題もどうぞ。
印鑑・ハンコの通販なら品質が確かで激安のココがお勧めです!
http://www.xn--wlrq54krfckxf.biz/
値段にかなりの開きがある…ですので面倒ではありましたが、様々なショップをひとつひとつ値段を比較…
そんな中で、一番安いと感じたのが…
調べてみると、この印鑑通販サイトはテレビやラジオなどメディアの広告宣伝を一切せず、そこで浮いた経費を価格に還元することで、他の店舗よりも安いハンコの価格を実現しているとのことでした。