読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わずかな希望は20代よりも18~19歳の投票率が高かったことだ。

優理愛です、政治家も形ばかりの公約で済むとは思っていない。
昨夏の参院選後、政府は大学生らが返済不要で利用できる給付型奨学金の導入を決めた。
住民税非課税世帯の1学年2万人を対象に、18年度から給付を始める。
保育士の待遇改善に、施設への補助金の加算として17年度予算で約1000億円を投じ るのも、若年世代への意識がのぞく。
だが、若者の間ではまだ対象や金額が不十分だとの声が多い。
被選挙権の引き下げや、性的マイノリティーの差別解消に向けた法整備は若年層からの要望が多いが、議論はまだまだだ。
いずれも参院選公約では、自民、公明両党と野党第1党の民進党が横並びで取り上げたものの、すぐに実現するという機運はない。
被選挙権を引き下げても本当に若者は立候補するだろうか。
ある自民党議員は若年層の本気度に懐疑的だ。
根拠となる数字があるからだ。
総務省の調査によると、昨夏の参院選投票率は18~19歳が46.78%、20代が35.60%。
いずれも全体平均の54.70%を下回る。
最も投票率が高い60代は70.07%が投票したことと比べると、対照的だ。
若者の 政治参加の意識は他世代と比べると希薄に映る。
16年の推計人口と参院選の年代別投票率を使って、投票者数を年代差で試算するとさらに衝撃的な数字がみえてくる。
投票者数は18~29歳の545万人に対し、70歳以上は1464万人。
若者票は70歳以上の票のたった3分の1しかない。
少子高齢化と低投票率のダブルパンチで若者票は少ない。
政治家がこうした実態に触れれば票にならないと判断して、若者政策への関心は遠のきかねない。
わずかな希望は20代よりも18~19歳の投票率が高かったことだ。
18歳選挙権のスタートを機に、こうした傾向を20~30代に広げられるか。
じゃあ、気になるキーワード「松坂牛ギフト」の掲示です。
松坂牛ギフト
これらのブランド地域では、お正月などのお祝いの席で、地元の一等になった松坂牛の肉を購入して食べるのがステータスになっています。
松阪牛は、肉質を少しでも良くなるために、牛にストレスが与えられないよう、1頭につき1部屋を与えられてます。
また、牛の食欲増進のためにビールを飲ませることもありますし、体の血行促進をするためにマッサージをすることもあります。
血行促進をすることで、皮下脂肪が均一になるのです

現時点で保守党の下院議席は単独過半数をわずかに上回るだけ。

優理愛です、英政界は今回の総選挙をEU離脱のあり方を問う選挙と位置づける。
労働党など野党も国民の意思を尊重するとして離脱決定そのものを覆そうとの声は少ない。
ただ、昨年6月の国民投票で問うたのはあくまでもEU離脱の是非だけだ。
政治・経済に大きな影響を及ぼすEU離脱の具体的な方法について、選挙戦を通じて議論を深め、共通認識を得る考えだ。
最大の争点となるのは、EU単一市場への参加の是非だ。
メイ氏は完全撤退する強硬離脱を主張。
撤退した上で、関税や貿易協定について新たにEU と自由貿易協定を締結する考えだ。
単一市場を完全に離れたほうが、EU以外の国と自由にFTAを進められるとも訴える。
これに対し労働党は楽観的すぎると批判する。
EUは英国にとって輸出入の4~5割を占める最大の貿易相手だ。
FTAを速やかに結べる保証はないとして、無関税の取り扱い維持などを最優先し、産業や雇用への悪影響を最小限に抑えるべきだと主張する。
移民制限などについても、穏健な制限措置を訴える。
直近の世論調査では保守党の支持率が40%強と、労働党を20ポイント以上引き離す。
金融市場では保守党が圧勝し、政権が安定するとの期待から通貨ポンドが一時、対ドルで約6カ月半ぶりの高値となった。
ただ、メイ政権にはリスクもある。
国民投票で残 留を支持した人たちを中心に、強硬離脱への反対は根強い。
メイ氏は19日、選挙のテレビ討論に出演しない方針も明らかにした。
こうした姿勢に有権者が反発を強めれば、選挙で思うように保守党の支持が伸びない可能性も十分にある。
現時点で保守党の下院議席単独過半数をわずかに上回るだけ。
それからそれから、アラビア数字の「8」は丸(○)と丸(○)の組み合わせなので「角」がありません。
つまり、何事も角が立たないで円満にいくということを指したりします。
また、横に倒せば「∞」・・・・無限大になり、いろんな可能性を秘めているのです。
ですので、今回は風水の財布なので縁起をかつぎ、「ベスト8」にしました!!
財布風水

他の店舗よりも安いハンコの価格を実現しているとのことでした。

優理愛です、最高裁の判断を参考に政府は 同一労働同一賃金ガイドラインの補強を検討する。
ただ判決がどうあれ、はっきりしているのは、定年後の雇用のあり方が問い直され始めたということだ。
国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、総人口に占める60歳以上の比率は2015年の33%から30年に38%、40年に43%へと高まる。
労働力不足を補い、社会保障制度を支えるためにも、定年以降も働き続けることは重要になる。
だが、定年到達者の8割が選ぶ再雇用は、待遇が必ずしも芳しくない。
労働政策研究・研修機構の15年の調査では4人に1人は定年直後に賃金が41~50%下がっている。
処遇について仕事の責任の重さがわずかに変わった程度なのに、賃金が下がりすぎだと答えた人は、複数回答で全体の17%。
貢献度が下が ったわけではないのに賃金が下がるのはおかしいという人は21%いた。
不満を抱えながら働けば生産性が上がりにくい。
長沢運輸の訴訟で東京高裁は、定年後に職務内容が変わらないまま賃金を下げることは広く行われているとしたが、この現状を放置していいのかという問題がある。
シニア社員のモチベーションをいかに高めるかは企業の課題だ。
60代前半の再雇用者について、人事評価を賃金に反映させている企業は15%にとどまる。
成果主義を広げる余地は大きい。
やりがいはお金だけではない。
大和ハウス工業は定年年齢を65歳に引き上げ、シニア社員の年収の減少を緩やかにしたが、重視したのは彼らの活躍の場を設けることだった。
本社の安全管理部門で後進の指導に特化する人には シニアメンター、支店で銀行や税理士などとのパイプ役になる人には営業推進のシニアエキスパートの呼称を用意した。
次に、こんな話題もどうぞ。
印鑑・ハンコの通販なら品質が確かで激安のココがお勧めです!
http://www.xn--wlrq54krfckxf.biz/
値段にかなりの開きがある…ですので面倒ではありましたが、様々なショップをひとつひとつ値段を比較…
そんな中で、一番安いと感じたのが…
調べてみると、この印鑑通販サイトはテレビやラジオなどメディアの広告宣伝を一切せず、そこで浮いた経費を価格に還元することで、他の店舗よりも安いハンコの価格を実現しているとのことでした。

それを把握した上で改革の全体像を形づくることが欠かせない。

優理愛です、これだけのことができた理由の一つは会議体だ。
経団連と連合のトップを働き方改革実現会議の委員として迎えたことが大きい。
首相 をトップとした会議体に組み込まれれば、その意向は受け入れざるを得なくなってくる。
同一労働同一賃金ガイドライン案も画期的だ。
ポイントは3つある。
まず賞与は非正規労働者にも必ず払うようにという内容になっている。
2つ目は福利厚生や教育訓練、諸手当も同一であることを求めている点。
そして最も重要な点は、基本給を職業能力や勤続年数などの要素に応じて分解できるようにすることを前提としたことだ。
日本の賃金制度はそうなっておらず、本気でやるなら革命的な要求だ。
問題は、これらが結局のところ部分的な改革にとどまり、日本の雇用システム全体をどのように変革していくかというグランドデザインが欠けていることだ。
生産性をどう上げていくのか、外国 人労働者の問題をどう考えるのか、無限定に働く正社員というシステムをどう変えていくのか。
そうした様々な成長制約を克服するための手立てに乏しいのが実態だ。
兼業や副業など柔軟な働き方を採り上げ、議論の道筋を作ったとはいえるが、具体策はこれからだ。
兼業・副業は複数の職場で働く人の労働時間をどう把握するかという点が最大の論点で、長時間労働の問題と関わってくる。
労働問題はそれぞれが相互に連関しており、それを把握した上で改革の全体像を形づくることが欠かせない。
今回の実行計画にはそれが欠けている。
付け加えれば、今回の働き方改革は民進党など野党が反対できないテーマを重点的に採り上げるという政治的な戦略があった点も見逃せない。

フロント部分にはホックボタンがついているだけですので、会計もスムーズに行うことが可能です。

優理愛です、川村氏は3日、日本のエネルギーとして原子力は20~22%というレベルは必要と述べ、政府の2030年度計画に言及する形で再稼働に取り組む考えを示した。
ただ、乗り越えるべき壁は高い。
東日本大震災後に日本の原発は一時、すべて停止した。
政府が強化した安全基準審査をクリアして再稼働する原発も出始めてはいるが、東電が持つ沸騰水型軽水炉と呼ぶタイプではまだ実績がない。
原発が立地する新潟 県知事の同意を得られる見通しも立っていない。
事故の当事者が再稼働をお願いするのだから対話を重ねてご理解いただくしかない状況だ。
新規事業と期待する都市ガス小売り参入も7月にずれ込む。
川村氏は日立が金融危機の影響などで巨額赤字となった時期に子会社会長から呼び戻され、日立本体のトップに就任。
不採算事業からの撤退などを通じて短期間で最高益を計上するまでに経営を立て直した実績を持つ。
この経験を生かした手腕で難局を打開することが期待されている。
東電再建のもう一つの柱である事業再編について、安全技術の向上や人材確保といった業界の共通課題を手始めに連携を模索するとみられる。
東電は小売事業で通信会社と新事業の検討をしているほか、火力・燃 料事業で中部電力との統合が進んでいると言及。
電力各社が再生可能エネルギーの有効活用へ送配電線を増強していると指摘、送配電でも再編余地はあるとの見方を示した。
事業再編の前段階として東電は他の電力各社と業界環境などに対する認識を共有する場を設けたい考えだ。
まずは今夏までに東電内部に検討組織を設ける。
メリットがわからないなど慎重姿勢を崩していない他の電力会社をどう説得していくかが焦点だ。
最後にこれ、…「アブラサス」
小さい財布の中でも最高級のブッテーロレザーを使用した『ブッテーロレザーエディション』は、コシが強くしっとりとした手触りが特徴の商品です。
カラーバリエーションは2種類用意されており、小さい財布にも妥協したくないという方にピッタリの財布です。
フロント部分にはホックボタンがついているだけですので、会計もスムーズに行うことが可能です。
コイン入れ部分も口が大きく開くので中も見えやすくなっています。
アブラサス小さい財布カラー

皮膚がただれ、化膿して出た膿から悪臭が発生することもあります。

優理愛です、企業は残業時間や勤務地を限定したジョブ型社員をつくるべきだという主張です。
そうでないと若手に雑務をさせる文化が消えないとみています。
いま50歳くらいの人たちは、若い頃に寝食を忘れて仕事するのを当然と思っている。
日本型雇用の限界を示す3つ目は、国内で正社員の雇用を守るために非正規社員が急拡大したことです。
1990年に全体の2割だったのが、2016年には4割に増えました。
連合の古賀伸明前会 長は知人の子どもさんまで非正規になって、やっと気づいた。
構造変化に対応が遅れたと話しています。
経営者よ、クビ切りするなら切腹せよ――。
当時、日経連会長だった奥田碩さんが月刊文芸春秋に寄稿したのは99年秋でした。
多くの会社が人員過剰に直面していた時期でした。
正社員を守るために、非正規でコストを制御する方式に変わったのです。
非正規増加の何が問題でしょうか。
賃金が安いために結婚する人が大幅に減り、年齢を重ねてもスキルを磨きにくく年収増が見込めず、正社員との格差が大きいことです。
多くのエコノミストは、日本の潜在成長率を引き上げるために、日本型雇用の見直しが必須と考えている。
富士通総研エグゼクティブ・フェローの早川英男さんは そう話しています。
日本型雇用の限界を打破するには、欧米型とのハイブリッドに改め、多様な働き方を認める必要があります。
今のままでは、違う背景の人たちの英知を集めるイノベーションも、生まれにくいのではないでしょうか。
政府の後押しも必要です。第一生命経済研究所特別顧問の松元崇さんは手厚い高齢者向けの社会保障給付を削減して、現役世代向けに回すべきだと指摘しています。
さて、最後の情報は「巻き爪の治し方|自分で治す方法」で〆ます。
巻き爪治し方自分で
足に多くみられる巻き爪は、爪の形が歪んで内側に曲がった状態、つまり、爪が指先の肉に食い込んで炎症をおこします。
その巻爪には、2種類のタイプがあります。
陥入爪(かんにゅうそう)は、巻いた爪の角が肉に食い込んだ状態で、痛みが出るのは、ほとんどこのタイプです。
爪が食い込んだ肉が腫れて炎症をおこし、長期間症状が続くと肉芽組織を生じて出血します。
皮膚がただれ、化膿して出た膿から悪臭が発生することもあります。

家計は銀行にお金を預けてもわずかな金利しか得られない運用難の状況。

優理愛です、ポイントが増えるキャンペーンはよくあるが、同時に複数のカードにポイントが付くサービスも出てきた。
AOKIでは1月下旬からレジでAOKIメンバーズカード、dポイントカード、Pontaカードの3つを提示すれば、すべてのカードにポイ ントが付くサービスを始めた。
3月末までの期間限定でdポイント、Pontaポイントはもらえるポイントが3倍になるキャンペーンも展開中だ。
dポイント、Pontaポイントは通常、税抜き200円ごとに1ポイントもらえるが、今回は200円ごとに3ポイントに増える。
新年度に合わせてスーツを新調する新社会人にはお得なサービスといえそうだ。
楽天ポイントカードも他社カードとのポイントの二重取りが可能。
昨年8月からドラッグストア大手のツルハホールディングスとポイントカードの連携を始めた。
全国約1600店が対象になる。
今春から登山用品の好日山荘とも連携する予定だ。
こうしたグループを超えたポイント連携が広がっている背景の一つに、消費意欲の低迷がある。
20年にわたるデフレや消費増税少子高齢化に伴う社会保障の将来不安などを背景に、消費よりも貯蓄にお金を回す傾向が強まっている。
総務省の家計調査によると、2016年の家計の黒字率は27.8%と、15年ぶりの高水準を記録した。
企業の垣根を越えて連携が進めば、消費者にとってはポイントカードの使い道が広がり、利便性も高まる。
それで消費が活発になれば、企業にとっても収益増などが期待できる。
今は日銀のマイナス金利政策などの影響を受けた超低金利時代。

家計は銀行にお金を預けてもわずかな金利しか得られない運用難の状況。
企業もポイントの付与を通じて消費者にお得感を植えつけやすい。
あと、予備知識がない方もいらっしゃると思うので、「羽田空港の海外WiFiレンタルサービス」について簡単にご説明いたします。
海外旅行に行く際に、持っていきたいものの中に観光先の国のガイドブックがあります。
しかし、これは非常に荷物になりますので、出来れば持って行きたくないものです。
国内旅行であれば、スマートフォンタブレットが一つあれば、何でも調べることが出来て便利なのですね。
海外旅行で同じことをしようとすると、相当な額の通信料を覚悟しなければならないと聞いて、諦めた経験があるのではないでしょうか。
羽田空港wifi

その形を定着させるためには矯正が終わったあとにしっかりと乾かしておくことも大切です。

優理愛です2人の出会いは1980年代初めにさかのぼる。
習は河北省石家荘市正定県の書記、栗は隣の無極県の書記だった。
無極県で働き、当時を知る賈崇恵は2人は市の会議で出会った。
県書記で最若手で年齢も近いから仲良くなったと話す。
習は上司との関係に悩み、能吏の栗を兄貴分として慕ったとされる。
栗は河北省や陝西省など40年も地方勤務を経験した。
日本で親交がある平田牧場会長の新田嘉一が中央弁公庁主任就任を祝う手紙を送る と、友人栗戦書よりと記した直筆の手紙が返ってきた。
義理堅さは、裏切りを最も恐れる習からの信頼につながる。
まん延した腐敗に民衆の怒りが爆発し、フランス革命が起きた。
80年代後半。
上海の復旦大学で静かな声が響いた。
教壇に立つのは30歳になる年に全国最年少の副教授になった王滬寧。
2代前の国家主席である江沢民、前国家主席胡錦濤、そして習と、3代の最高権力者が重用する知恵袋だ。
86年には改革の遂行には権力の集中が不可欠だとする論文を発表。
反腐敗と称して高級官僚や軍幹部を締め上げ、別格の指導者を意味する核心の称号を得た習も、王を手放さない。
習にとって栗が政権運営の実行プランを描く参謀だとすれば、王はその理論を肉付けするブレーンだ。

金融リスクを高度に警戒する。
3月5日、首相の李克強が政府活動報告で読み上げた一節だ。
直前の2月28日、劉鶴が事務局長を務める中央財経指導小組で、習は金融リスクを防ぎ、金融監督体制の見直しを急ぐと指示していた。
習の幼なじみで、経済秘書と呼ばれる劉が描いた筋書きだ。
細かいことまで自分で決めたいとされる習。
次に、巻き爪ロボを使うとなぜ巻き爪が治るの?
巻き爪ロボ治る
温浴効果で爪が柔らかくなると手軽に爪の形を変えられるようになりますが、その反面、元に戻りやすくもありますので、後戻りを防ぐ工夫も必要です。
矯正した爪を元の形に戻さず、その形を定着させるためには矯正が終わったあとにしっかりと乾かしておくことも大切です。
この際は髪を乾かすのに役立つドライヤーを利用すれば短時間で乾かすことができ、その後元の爪の固さに戻すことがっできます。
初心者の方は使い方が難しいのではと気にしている人もあるかもしれませんが、装着も爪の両端にフックをかけるだけですし、その後はお湯に足をつけて爪を柔らかくし、ゆっくりとツマミを回して矯正していきます。

深刻な人手不足は今までのサービス水準の転換を必要とする。

優理愛です、13年にアマゾンジャパンの宅配を引き受けてから荷物の増加ペースが加速。
15年度の宅配便取扱数は5年前に比べて3割増えた。
労組は人員増強を求めてきたが、社員数は同1割強の増加にとどまった。
会社は最新鋭の物流倉庫の稼働や他社との共同配送、LINEを使った不在通知の導入など、人手不足を補う策 を取ってきたが焼け石に水だった。
要求を実効性のある内容に変えなければならない。
意を強くした森下は、組合員の訴えをまとめ、荷受けの総量抑制や時間帯指定サービスの見直しを初めて盛り込んだ要求を決めた。
これ以上働かせられない。
サービス維持に危機感を抱いていた社長の長尾も素早く動いた。
労組などからサービス残業問題の指摘を受け、年明けから労働実態の把握に着手。運転手ら約7万6000人を調査し、未払い残業代を支給する方針を示した。
2月1日には社長直轄の働き方改革室を新設。
通常は4月に行う組織改正まで待っていられなかった。
2月10日に労組から要求を受けると、21日には全社員に働き方改革の意志を伝える社長メッセージを発信。
役員を全国に派遣 した。
常務執行役員の森日出男は1泊2日で愛知県、大阪府、北海道にある各支社を訪ね、社員に生き生きと働いてもらうための改革だと説いて回った。
3月15~16日に開かれた団体交渉。
例年妥結するのは2日目の深夜だが、今年は午後7時半に決着した。
賃上げの攻防はあったものの、働き方改革に関しては、労組の要求を会社側がほぼ受け入れた。
大切なのは実際に労働現場が変わるかどうか。
森下の視線は既に先を向く。
きめ細かなサービスで消費者をつかみ、成長してきた日本企業。
深刻な人手不足は今までのサービス水準の転換を必要とする。